マンガで分かる Java入門講座

第5章 様々な処理
5-5. ループ処理2 for文の入れ子

for文を「入れ子構造」にした場合に注意する点を紹介します。

● for文の入れ子

 for文を入れ子にする際は注意が必要です。外側のfor文と、内側のfor文で、処理回数を示すカウンタを別にしておかなければ意図しない動作をしてしまいます。

 以下、for文を入れ子にした例を示します。下の例ではカウンター用の変数を、外側のfor文では変数iに、内側のfor文では変数jにしています。

ソースコード)for文の入れ子
for (int i = 1; i <= 3; i ++) {
    for (int j = 1; j <= 3; j ++) {
        System.out.println(i + " " + j);
    }
}

出力)for文の入れ子
1 1
1 2
1 3
2 1
2 2
2 3
3 1
3 2
3 3
質問等、お問い合わせ先
分からない点などあれば
メールをください。



この講座のマンガ部分は「箱人形マンガ(Box Comic) 」で作成しています。
作成:2013/05/23  更新:2015/08/09  [Permalink]
カテゴリー
基本情報