同人ゲームの作り方 - るてんのお部屋の場合

第2回 ゲームって何?

ゲームとは何かということについて、私なりの考えを示します。

● ゲームとは何か

ゲームとは何かという問いに対する答えは、人によって色々と違うと思います。

ここでの解説は、私が考えるゲームの定義です。当然、その範疇に入らないでも、ゲームとして成立しているものもあります。ゲームとは固定的なものではなく、その裾野を広げていくものですので。

● 初心者が作るべきもの

往々にしてあるのは、ゲームを開発したことがないのに、いきなり市販のリッチなゲームと同じものを作ろうとすることです。

よほどの天才でない限り、ほぼ失敗します。

まずは簡単なものから作り、その「完成させた」という経験を元に、さらに複雑なものを目指すべきです。

「完成させた」という経験は、何よりも得がたいもので、それがあるかどうかで、物を作るという活動は大きく違ってきます。

● 初心者でも作れる簡単なゲーム

開発をしようとしている人が、何の能力を持っているかで、難易度は大きく違います。

プログラミング能力はあるけど、絵や文章の能力がない場合。絵は描けるけど、プログラミングの能力はない場合。文章は書けるけど、その他の能力がない場合。そうした条件によって、作れるものは大きく変わってきます。

プログラミング能力がある程度ある場合は、パズルゲームや、シューティングゲームを作るのがよいと思います。

文章や絵の能力がある場合は、ノベル系ゲームがよいと思います。その際は、既存のノベルゲームのシステムを、そのまま利用して、自分でプログラムを書かないようにするのがよいです。

簡単そうに見えるアクション系ゲームは、実際に作るとなると、かなり難易度が高いです。また、RPGもツクール系を使わずに、一から作ろうとすると、難易度がかなり高いです。

あと、ガチのゲーム開発サークルに来て「これはツクールで作ったんですか?」と聞いてくる人は、何も分かってない人なので、顔を洗って出直して来いと思います。


初Steamゲーム 8bit風RTS『TinyWar high-speed』発売中です。
その他の同人ゲームや同人技術書はこちら。
作成:2018/02/16  更新:2018/02/26  [Permalink]
カテゴリー
基本情報