マンガで分かる Java入門講座

第2章 アプリの作成
2-6. ワークスペース

Eclipseでプロジェクトを複数まとめて管理する「ワークスペース」について解説します。

● ワークスペースとは

 「Eclipse」には、プロジェクトよりも1つ大きな単位として「ワークスペース」があります。ワークスペース内には、複数のプロジェクトを作成できます。

 これまでの説明で作ったプロジェクトは、「Eclipse」のインストール直後(初回実行時)に作成したワークスペース内に作られています。

 ワークスペースの正体はフォルダです。ワークスペースの中には、複数のプロジェクトのフォルダが入っています。

 ワークスペースは、複数作って必要に応じて切り替えられます。また、ワークスペースごとに、画面レイアウトや表示方法を変えられます。開発の内容ごとにワークスペースを切り換えて使用すると便利です。


● ワークスペースの切り替え

 ワークスペースの切り換え方を紹介します。

手順)ワークスペースの切り換え方1
  1. 「Eclipse」のメニューの[ファイル]から[ワークスペースの切り替え][その他]を選択。
  2. 「ワークスペース・ランチャー」ダイアログが開く。
  3. [ワークスペース]の[参照]ボタンを押して、読み込みたいワークスペースのフォルダを選ぶ。
  4. [OK]ボタンを押す。

 一度選択したワークスペースは、次回から簡単に選択することができます。

手順)ワークスペースの切り換え方2
  1. 「Eclipse」のメニューの[ファイル]から[ワークスペースの切り替え]までカーソルを移動する。
  2. 複数のメニューが表示されるので、リストの中から使用したいワークスペースを選択する。

● ワークスペースの作成

 ワークスペースの作成は、切り換え方とほぼ同じです。

手順)新規ワークスペースの作り方
  1. 「Eclipse」のメニューの[ファイル]から[ワークスペースの切り替え][その他]を選択。
  2. 「ワークスペース・ランチャー」ダイアログが開く。
  3. [ワークスペース]の[パス]の欄に、作成したいワークスペースのパスを記入する(「workspace2」を作りたいなら「C:\java\workspace2」のように記入)。
  4. 新しいワークスペースに、現在開いているワークスペースの設定(レイアウトや表示設定など)をコピーしたい場合。
    1. [コピー設定]をクリックして展開する。
    2. 開いた項目の中から、必要な内容にチェックを入れる。
  5. [OK]ボタンを押す。
質問等、お問い合わせ先
分からない点などあれば
メールをください。



この講座のマンガ部分は「箱人形マンガ(Box Comic) 」で作成しています。
作成:2013/05/17  更新:2015/08/07  [Permalink]
カテゴリー
基本情報