マンガで分かる Java入門講座

第11章 Javaのシステム
11-2. メモリリーク

Javaのメモリリークが、なぜ起きるのかを、Javaのメモリ管理の仕組みから解説します。

● Javaのメモリリーク

 ガベージコレクタは、どこからも参照のなくなったインスタンスを解放します。これは逆に言うと、どこかに参照が残り続けていると解放されないことを意味します。

 アプリケーションを長く実行する場合、ずっと保持し続ける変数にインスタンスを入れると、その変数を使わなくなるまでメモリを確保し続けます。

 また、インスタンスを登録する仕組みはあるけど、削除する仕組みのないクラスを作ってしまうと、どんどんメモリを食い潰すことになってしまいます。

 そういった際に、メモリが徐々に食い潰されていく現象を「メモリリーク」と呼びます。メモリリークが発生すると、アプリケーションが不安定になったり、強制終了したりします。


この講座のマンガ部分は「箱人形マンガ(Box Comic) 」で作成しています。
作成:2013/06/07  更新:2015/08/09  [Permalink]

クロクロ・ショップ
特殊な技術書多数あります
レトロ風RPG フルスクラッチ開発 全コード
レトロゲーム風RPGの全コードを掲載して解説した本
HTML5とJavaScriptで作る 落ち物パズルゲーム 全コード
『テトリス』や『ぷよぷよ』に類似した落ち物パズルゲームの全コードを掲載して解説した本
JavaScriptでリバーシゲームをつくろう
ライブラリを使わずに全コードを書いて、リバーシゲームを作るまでを徹底解説
ワールドマップ自動生成読本
二次元ゲームのワールドマップを自動生成するための本
レトロゲームファクトリー
過去のゲームを最新機に移植する会社のお仕事小説(新潮社)
顔貌売人 ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬
プログラマーが探偵役のエンタメ・ミステリー第2弾 最先端の情報犯罪に安藤と鹿敷堂が挑みます(文藝春秋)
裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬
プログラマー鹿敷堂桂馬が、女性社長の安藤裕美と共に、IT業界で起きた事件に挑む。2016年の松本清張賞の最終候補作(文藝春秋)
×