マンガで分かるプログラミング用語辞典

第124話:「XML」

第124話:「XML」 外部
今回は、XMLの話です。XMLよりJSONの方が、使う機会が多いです。

 「XML」は「Extensible Markup Language」(拡張可能なマーク付け言語)の略で、データをテキスト形式で表すマークアップ言語のことです。

 「SGML」(Standard Generalized Markup Language)から派生した言語で、タグでデータ構造を記述して、属性で細かな情報を付加します。XMLは、データをツリー状の構造で表現します。

 データの単位を「要素」(element)と言い、要素に付随した情報を「属性」(attribute)と呼びます。

作成:2018/02/04  更新:2018/02/04  [Permalink]
カテゴリー
基本情報